作務衣の素材

作務衣の素材について

作務衣の素材について

作務衣は、綿や麻で作られているものが多く、キルト地やポリエステルで作られているものもあります。
綿素材のものは、生地が柔らかく、通気性と吸水性に優れており、
麻素材のものは、生地が厚く耐久性や通気性に優れています。

[綿素材の特徴]
綿の品質は産地や品種により異なっており、もっとも重要な品質は繊維長です。
繊維長が長いほど良質なものといわれています。

  • 肌触りがよく涼しい
  • 吸水性に富み、熱に強くて丈夫
  • 染色性や発色性に優れている

[綿素材の弱点]

  • 縮みやすい
  • シワになりやすい
  • 長時間日光にあたると黄変しやすい

[麻素材の特徴]
夏用素材として多く使用されている麻。この麻の特徴についていくつかご紹介します。

吸湿、発散性に優れている

  • 天然繊維の中で最も吸湿(吸汗)・速乾性に優れている
  • 汗をかいてもべとつかないので清涼感がある

耐久性に優れている

  • 麻繊維は天然素材の中で最も強度が高く、水に濡れると更に強度が増す
  • 汚れを落としやすい
  • 繰り返しの洗濯にも強いため清潔感を保つことができる

独特の光沢と発色性

  • 染料が繊維の表層に高密度で集積するため、他の繊維に比べ発色に優れている

[麻素材の弱点]

  • 優れた強さがゆえに伸長性に乏しいためシワになりやすい
  • 均一に染めにくい

10,641 Responses


  1. Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in /home/users/2/lolipop.jp-76552f8991c2f749/web/samue/wp-includes/option.php on line 109