作務衣で外出 in グランフロント大阪 南館

皆さまお元気でしょうか?作務衣専門ライターのTです!

今回は、昨年の2013年4月26日に開業した大阪駅前の複合施設「グランフロント大阪」へやってきました!

作務衣とグランフロント大阪

「グランフロント大阪」

一日に250万人が利用する大阪駅・梅田駅北側の再開発エリアで、通称”大阪最後の一等地”といわれる「うめきた」の総面積約24haのうち約7haのエリアに立地。大阪駅のある南側から順に南館(タワーA)、北館(タワーB・タワーC)で分かれており、ショッピングモールやレストラン・カフェ、オフィス、ホテル、コンベンション・センター、劇場、超高層マンションから構成されています。

作務衣でグランフロント大阪へ潜入!


 

作務衣でグランフロント大阪をご案内

開業1年を迎えても未だ人気が衰えず、連日混み合っているグランフロント大阪。 関西人は比較的安いものを求める傾向がありますが、価格ではなく、ここでは商品価値に重きを置いたお店がたくさん揃っています。

中でも気になったお店をいくつかご紹介します。テーマは作務衣にちなんで「和」です。

作務衣でグランフロント大阪をご紹介_蝶屋

蝶矢シャツ グランフロント大阪店

『蝶矢シャツ』は1886(明治19)年に創業した日本の老舗シャツメーカーCHOYA が伝統技を現代に復刻したドレスシャツの専門店。
原綿のブレンド、糸の撚り、織り方を独自に調整し、綿本来の味を追求した昔ながらの生地にクラシックスタイルを現代風にリメイクしたデザインを中心に、メンズ・レディース共に豊富な品揃えが特徴。

蝶矢店内の様子

[写真上 店内の様子]


作務衣と浜模様

濱文様 グランフロント大阪店

伝統の「捺染(なっせん)」で染め上げた「てぬぐい」「風呂敷」「和小物」など遊び心溢れるデザインテキスタイル商品のほか、大阪にちなんだ限定商品など、彩り豊かな和のデザインテキスタイル雑貨を展開しているお店。

浜模様店内

[写真上 店内の様子]


作務衣と菱屋カレンブロッソ

菱屋カレンブロッソ

創業1926年。日本を代表する老舗和装草履メーカー「菱屋」が展開する洋風和装雑貨店です。
長年培った「和」の完成をベースに「洋」のファッション性を融合させた花緒サンダルなど洋風和装雑貨が豊富に揃っています。


続いて、6階紀伊國屋書店 へ。

書店内装
作務衣とグランフロントの本屋

ここ、グランフロント大阪の紀伊國屋書店は西日本最大の店舗面積 1,060坪とかなりの広さで、スターバックスや老舗の文房具店の伊東屋ともコラボレーションしている新しい形態の大型書店です。

作務衣の検索結果
なかり広いので、お目当ての本を探すのに一苦労。。ってことで検索システムを活用してみました。

「さむえ(作務衣)」で検索した結果、なんと0件…。意外と作務衣の専門書って置いていないもんですね。。

仕方なく、着物の専門書を探して読んでみることに。
 
作務衣で座り読み

テーマ「作務衣で読書」

(着物の専門書)

購入前の本がゆっくりと座りながら確認できるのが嬉しいですね。
店内もかなり広いので周りの目も気にせず読書に集中できます。


作務衣で次の現場へ向かう途中
今回はグランフロント大阪の南館をご紹介しました。
次回はビジネス交流や研究開発などの施設が充実した北館をご紹介します!

作務衣と甚平の違い。それは、甚平が室内着であるとすると、作務衣は外出着でもあることです。

こうして和装ファッションとして、いろんなところへ出歩くことができるのが、作務衣の魅力であり、醍醐味とも言えるのではないでしょうか?

それでは、また次回お会いしましょう!

ここでしか買えないオリジナル作務衣。人と違った粋な柄をお探しなら、作務衣工房江戸てんにお任せ!