作務衣の歴史

作務衣の歴史

作務衣の歴史について

6世紀初め、仏教の一派、“禅宗”がインド僧の達磨大師(だるまたいし)によって開宗され、唐より宋初にかけて、中国文明の再編とともに独自の教義と歴史をつくり、鎌倉時代以後、日本に広がりました。

この禅宗の修行の1つである農作業・清掃などの雑務作業のことを「作務(さむ)」と呼び、この「作務」を行う際に着用していた衣服のことを「作務衣」と呼んだことが始まりであると言われています。

※上記はあくまで仮説であり、作務衣と呼ばれ始めた正確な年代は現在も明らかになっていません。

作務衣は作業着であるため、正式の坐禅や法要時には着用されなかったようです。
元々はお寺の住職が着ているような、上衣が膝くらいまである作務衣が一般的でした。
動きやすさを追求し改善を繰り返しながら、現在の主流である上下分離型の作務衣へと落ち着きました。

10,294 Responses


  1. Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in /home/users/2/lolipop.jp-76552f8991c2f749/web/samue/wp-includes/formatting.php on line 1581